看護師求人は、老人ホームや障害者施設など他の選択肢も有り

????????

看護師の求人は数多くの医療機関から途切れることなく募集されていますが、これは看護師が慢性的に人手不足の状態にあることを示しています。
国家資格であり、取得するまでには厳しい道のりですが、取得してしまえば仕事を自由に選べる職種と言えます。そのため、資金力のある大きな医療機関は、待遇の良さや託児所付きである等の環境の良さから、求人に対して看護師が集まりやすいようです。
男女の割合はまだまだ女性が圧倒的に多く、結婚・出産後も変わらず働き続けるためには、夜勤シフトに対応できる託児所の併設は必須です。また、外部の保育所に預けるための保育料の補助制度など、働く母親をサポートすることは、医療機関にとって安定した人員の確保につながります。

看護師の勤務先は医療機関だけではなく、特別養護老人ホームや障害者入所施設などの福祉施設もありますが、そこでの人手不足も問題になっています。それまで医療機関においてケアチームの中心的存在として働いてきた看護師が、福祉施設に転職したところ、介護スタッフとの意見の相違や立場の共存に違和感を抱くケースが多く、結果早い時期で退職してしまうため、なかなか定着しないのです。看護も介護もひとつのケアチームとして、協力体制にあるということを、双方が意識していくことが必要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る